競馬

中京記念(GⅢ)

4年ぶりに中京競馬場で開催される中京記念。過去、中京競馬場で開催されたレースでは上がり最速馬がよく馬券に絡む一方、先行馬の粘りも期待できる。先行馬で好走するためには前半3ハロン34秒後半から35秒前半のペースで先行し、終い34秒台の足を使...
競馬

函館記念(GⅢ)

夏競馬が始まり3週目となる。函館記念は例年6歳、7歳といった年長馬の活躍が目立つ。逆に4歳馬が勝利したのは過去10年で2020年と2013年の2回だけである。 しかしながら先週、先々週と芝の重賞(CBC賞、七夕賞)は4歳世代が勝利。...
競馬

七夕賞(GⅢ)

福島芝2000メートルで行われる重賞レース。このコースは小回りコースで直線が短いが、最後の直線に上り坂がありタフなレースとなる事もある。現に過去の七夕賞をみても上がり36秒台や37秒台が最速となる事も多い。七夕賞の勝馬の共通点として、福島...
競馬

CBC賞(GⅢ)

春競馬が終わり今週から夏競馬が開催。夏競馬で活躍して秋の重賞戦線に挑戦する馬、来年のクラシック戦線で活躍しそうな馬達を探していきたい。 今週予想するレースは中京1200メートルを舞台としたCBC賞。中京競馬場で開催されるのは4年ぶり...
競馬

宝塚記念(GⅠ)

春競馬の締めくくりとなるグランプリ宝塚記念(GⅠ)。注目はなんといっても世界ランキング1位のイクイノックス。人気投票も断然の1位。初の阪神コース、海外帰りといった不安要素が挙げられているが、昨年の有馬記念(中山コース)の様なレースが出来る...
競馬

マーメイドステークス(GⅢ)

牝馬ハンデ戦という事もあり毎年人気薄が活躍する難解なレースである。50kgや51kgといった軽ハンデの馬には注意が必要だ。軽いハンデの逃げ、先行馬が活躍する事もあるが過去10年のうち上がり最速馬は7年連対を果たしており阪神芝レースで上がり...
競馬

エプソムカップ (GⅢ)

連続G1開催が終わり、この春G1は残すところ宝塚記念のみとなった。今年の宝塚記念には現役最強馬と称されるイクイノックスが出走する事がほぼ間違いなさそうであり非常に楽しみである。宝塚記念までにしっかりと資金を稼いでおきたいところ。 予...
競馬

安田記念(G1)

3歳マイル王決定戦のNHKマイル(G1)と同舞台、東京芝1600メートル。NHKマイルでは伏兵シャンパンカラーが勝利したが、同馬は東京マイル(3.0.0.0)。東京芝1600メートルはコース適性が重要な要素である。今年はG1馬10頭出馬す...
競馬

日本ダービー(G1)

馬券師はもちろん、競馬関係者全ての人が勝利したいレース。ダービーの格言は”最も運のある馬が勝つ”。 ネット上では乗り替わりは勝てない、前走青葉賞組は勝てない、30歳以下の騎手は勝てない、といったキーワードが並ぶ。ただし今年のレースは...
競馬

オークス(G1)

桜花賞に続いて牝馬クラシック第2戦。舞台は東京芝2400メートル。勝ち馬にはアーモンドアイ、デアリングタクトといった名牝が並ぶ。 今年もその名牝に並ぶ可能性を秘める⑤リバティアイランドが断然の1番人気。桜花賞の勝ち方は内枠先行有利の...
タイトルとURLをコピーしました